薬で症状を抑えるうつ病【うつ病を治すならまずは病院にGO】

男性

心と体を治療します

女性

さまざまな治療があります

うつ病は、生まれ持った性格や生活環境によって発症するといわれています。特にストレスの溜まりやすい環境において抑うつ状態が長期間続くと、脳内でコントロールしている感情を伝達する物質が変化することによって起こります。セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質は、意欲や気分を調整してくれますが、この神経伝達物質が機能をしなくなると意欲や思考力が低下したり、自責の念に捕らわれて、程度が重くなると生活に支障が出てくるほどになります。精神面のみならず、睡眠障害や食欲不振が起きたり、更年期の症状と併せてホルモン異常や月経不順、性欲の低下など身体的な不具合が生じます。うつ病はさまざまな世代に発症しますが、中高年に多く発症することから、更年期には注意が必要となります。特に女性に多く、治療には抗うつ薬を使用します。心療内科や精神科では、薬物治療と共に専門医による認知行動療法も合わせて行います。否定的な思考をより柔軟な思考へと導く精神療法で、ぶり返しを予防するためにも中長期にわたり行っていきます。

少ない副作用で効果的に

うつ病の薬物療法は、さまざまな種類の抗うつ薬の投与をしていきます。神経伝達物質の一つであるセロトニンの量を調整することで、不安を抑制することができ、抑うつ不安の症状に効果的なものがあります。副作用は比較的少なく、便秘や下痢といった消化器系の症状や、吐き気などが生じる事がありますが、1,2週間で症状が消えていきます。セロトニンだけでなく、ノルアドレナリンの両方をコントロールする抗うつ薬もあり、以前と比べて体質によって効きやすいもの、副作用がより少ないものを選択できるようになっています。違う利き目の三還系うつ薬として、セロトニン以外のアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制することができる物もありますが、便秘、排尿困難、口が渇くなどの抗コリン作用の副作用が伴うものがありましたが、最近では抗コリン作用を少なくする目的で作った抗うつ薬の開発も進んでいます。体の異常を修正するために抗うつ薬が大変効果的で、家族や周囲の人のサポートをしてもらいながらうつ病を克服していきましょう。

Copyright© 2015 薬で症状を抑えるうつ病【うつ病を治すならまずは病院にGO】All Rights Reserved.