薬で症状を抑えるうつ病【うつ病を治すならまずは病院にGO】

男性

うつの原因と治療法

看護師

うつの原因と治療法

好き好んでうつ病になる人はいませんが、うつ病になってしまう前にその原因を知っておくことは大切です。うつ病の原因には様々な種類がありますが、まず大きな原因が、その人の生まれ持った性格です。真面目で負けず嫌いで頭が固い人などは、うつ病になりやすいと言います。また、先天的にストレス耐性が小さい人や、生活・職場環境が恵まれていない人もうつ病になりやすいと言います。うつ病は主に大きなストレスを契機に発症することが多いと言われます。例えば人生における大きなイベントである、結婚や離婚、出産、就職や、明らかに精神的苦痛を伴ういじめ、過労、貧困などが、それに拍車をかけるといいます。またそうでなくとも、自尊心や人生の目標を失っていたりすると、うつになりやすいと言います。あまりにも症状が辛い場合は、まともに動けない状況に陥ることも少なくありません。その場合は薬物療法が必要となります。薬を飲むことで、一時的に症状が緩和されれば、少なくとも動けない状況を脱することが可能となります。あまりにも症状が辛い場合は、我慢せずに病院に行きましょう。

自分で治すと考えること

うつ病は、その原因がはっきりわかりません。目に見えないからです。原因が複雑に絡み合っている可能性もあります。明らかに大きなストレスとなっているものがあれば、それを取り除くことで快方へと向かう可能性が高いです。しかし原因が不明の場合は、その根が深い可能性も高いのです。そのような場合は、薬物療法による治療は簡単ではありません。一度薬物治療にかかると、長い時間をかけて、少しずつ症状を治していくことになります。すぐに薬をやめると、禁断症状が出てきますので、簡単にはやめられないことになります。うつ病の原因がわからない人が、薬物治療をはじめると、長期化する場合が多いのです。治療を長期化させず、短期でスッキリ治すためには、自分の意思で治すことが必要不可欠です。うつ病は自分の力で治すことができます。ストレスには種類がありますが、全て同じようにストレスとなります。そして許容範囲を超えたとき、うつ病を発症するのです。小さなストレスを見逃さずに、少しでも状況を緩和していけるように努力しましょう。

Copyright© 2015 薬で症状を抑えるうつ病【うつ病を治すならまずは病院にGO】All Rights Reserved.