薬で症状を抑えるうつ病【うつ病を治すならまずは病院にGO】

笑顔の女性

心の病気を解決

医療

人は誰にでも悩みや苦しみがあるわけですが、それを封印してしまうと心に大きな重圧を感じるようになります。今問題とされているうつ病は、辛いことを我慢し続けた結果起きた心の病気でありますが薬で回復していきます。

View Detail

心と体を治療します

女性

うつ病には精神療法と共に抗うつ薬を使用した薬物療法が効果的です。セロトニンやノルアドレナリンなど、感情をコントロールする神経伝達物質の働きを調整することによって、抑うつや不安を解消していきます。副作用の少ない自分に合った治療薬が選択できます。

View Detail

悲しくてたまらならい

中年男性

うつ病や患者に使用される薬は我々の理解がなければ無意味であり、逆に最悪の事態に至る場合が出てきてしまう事もあるということである。我々はうつ病に苦しむ人を適切に対処するためにうつ病や薬についての理解度を高める必要がある。また、専門医の元を訪ねることも必須だ。

View Detail

色々なタイプ

頭を抱える男性

抗うつ剤が主流

うつ病の薬には主に抗うつ剤、抗不安剤、睡眠剤が使われます。勿論これらの薬は全てのケースに使われる訳ではなく、患者の状態、医師の判断によってケースバイケースで用いられています。しかし、以上のものを使用してもあまり改善効果が見られなかった場合は強化療法として気分安定剤や向精神薬などが使われることがあります。しかし、基本は抗うつ剤一種類で治療を試みることが理想となっています。特に抗うつ剤には様々な種類があります。現在うつ病の第一選択治療薬としてつかわれているものがSSRIやSNRIとなっています。これらの薬はセロトニンに働きかけるものとなっています。そもそもうつ病の人はセロトニンの分泌量が少ないとされています。そのため、現在の臨床治療では主にセロトニンの分泌量を薬の作用で増やすことによってうつ病の改善を試みられています。我が国においてSSRIは1999年に、SNRIは2000年に使用された比較的新しいものとなっています。それまでは三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤が主流でした。

安価故に不便

上記で述べた古いタイプの三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤はまだ臨床治療においても使われています。というのも、これらの薬は単価が安いからです。現在主流のSSRIやSNRIと比べ何倍もの安さとなっています。そのため、三環系抗うつ剤や四環系うつ剤を支持している医師や患者がまだ少なからず存在しているのも確かです。しかし、三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤はSSRIやSNRIと比べ、眠気、口の渇き、便秘、めまいなどの抗コリン性副作用も強く表れやすいのも確かとなっています。抗コリン性副作用による生活への支障も大きいケースもあります。したがって、ただ安価な理由に三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤を選択することはよくないことが言えます。一方、SSRIやSNRIは三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤と比べて高価にはありますが、その分うつ病の改善効果があります。また、副作用も三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤よりも弱めとなっています(しかし、それでも副作用に苦しむケースも人によってはあるようです)。

増え続ける「うつ」

女性看護師

一言にうつ病と言っても、治療方法は様々です。症状の程度によっては、薬物治療がなければ危険な人は少なくありません。そうでない人は、認知療法、支持的精神療法、対人関係療法などを実践しながら、大きなストレスを解消していくことで、快方へと向かうでしょう。

View Detail

うつの原因と治療法

看護師

生真面目な人ほど、うつ病になってしまう可能性が高いと言われていますが、うつ病になる原因は人それぞれです。うつ病の原因が定かではない場合は、一度薬物治療をはじめてしまうと長期化する可能性があります。鬱病の原因がわからない場合はしっかり病院を受診しましょう。

View Detail

Copyright© 2015 薬で症状を抑えるうつ病【うつ病を治すならまずは病院にGO】All Rights Reserved.